賃貸経営では土地の形状というのも大きなポイントになります。アパートやマンションは長方形に土地を利用していきますので、変形地に建てると無駄なスペースが増えていきますし、狭小地だと建てられないという可能性があります。土地の形状にハンデがある狭小地や変形地であっても戸建であれば有効に活用できるでしょう。

■戸建であれば効率よく建てることが可能
戸建の場合は一棟ごとに分かれていますので、一棟ごとに建てる位置を調整することによって、変形地を有効活用することが可能です。狭小地であればアパートであっても建てることができないわけですが、戸建であれば30坪以下の土地であっても一棟ぐらいであれば建てることが可能です。

賃貸経営で戸建賃貸は狭小地や変形地でも対応することが可能

アパートやマンションを建築するのであれば20坪や30坪程度の土地であれば大した規模の土地利用をすることはできません。しかし戸建であれば立地条件に関わらず、これまで売りに出してもなかなか契約を結ぶことが無かったような条件の悪い土地であっても、一棟から賃貸経営を行うことができるようになっています。

基準・賃貸経営 経費 http://www.kenyonpowerboats.com/

土地の形状に合わせて戸建を建てることができますので、効率よく建設をすることが可能です。狭小地であればなかなか賃貸経営を行うことができずに、駐車場ぐらいしか土地活用ができなかったのですが、戸建賃貸であれば効率よく配置することができます。

駐車場よりも戸建賃貸は初期費用が掛かるのですが、空室が埋まるのであれば収益をより確保できます。

■どんな土地であっても対応が可能
アパートやマンションであれば長方形に使用しますので、狭小地や変形地ではうまい具合に活用することが難しいです。それに対して、戸建であれば土地の形状に合わせて一棟ごとに建設をしていきますので、有効活用が可能です。

◆賃貸経営で立地は最重要項目なのだが、戸建賃貸は多少離れてても需要がある
賃貸経営において立地が占めるポイントは大きいのですが、アパートやマンションに比べて戸建であれば今よりも5分から10分程度ぐらいであれば遠くても全然構わないというような人までいます。それぐらい戸建賃貸の需要は大きいです。戸建賃貸であれば最寄駅から徒歩で20分から30分というような立地であっても、すぐに借り手が見つかったりします。

■戸建賃貸は駅から遠くても十分に成り立つ
アパートやマンションであれば駅から近いというのは何よりも重要視されるポイントになってくるわけですが、戸建であれば駅から多少離れてても気にしないという人がいるくらい、需要が大きいという側面があります。だからこそ、駅から多少遠くても需要を満たすことができるわけです。

戸建を選ぶのは単身者と言うよりは家族持ちの人が多いというのが現状です。家族を持っている人であれば一軒家に憧れる人もいますが、一軒家を購入するのはなかなか難しいということで、戸建賃貸を利用したい人がいます。

■通勤のしやすさより日常生活が優先される
戸建賃貸を選ぶ際に誰が主導権を持つかと言うと奥さんではないでしょうか。そのため、奥さんや子供が快適に過ごせるような周辺環境があれば、戸建賃貸が立地に左右されにくくなるでしょう。子供ができれば車を購入するというようなニーズも出てくるでしょうか、駐車場付きにすればさらに立地に左右されづらくなります。

■戸建賃貸は多少駅から離れてても十分需要がある
アパートやマンションであれば駅から近いというのは大きなポイントになってくるわけですが、戸建であれば周辺環境がきちんと整備されていれば、立地の遠さはハンデになることはありません。通勤のしやすさよりも日常生活の充実のほうが大切です。