賃貸経営で戸建賃貸を考えている人に取ってはメリットだけを気にしていきたいものですが、デメリットについても考慮に入れないといけません。デメリットについて少しは考慮に入れておくと、もし何かあった時にも十分に対応することができるでしょう。

ここでは戸建賃貸のデメリットについて3点挙げていきますので、これらをすべて考慮に入れながら賃貸経営をやるといいでしょう。

■空室になった時の影響が大きくなる
戸建賃貸はアパートやマンションに比べると個数がどうしても少なくなりがちですので、空室が1室でも出てくれば収入が減少すると言ってもいいでしょう。戸建賃貸は確かに人気があって空室リスクは小さいわけですが、必ず見つかるという保証はないことを考慮するべきです。

■原状回復のための費用が掛かる
アパートやマンションに比べると1戸が大きくなりますので、退去した時に原状回復のための費用がどうしても掛かってしまいます。戸建賃貸の入居者は意外と長く住み続ける傾向がありますので、退去するたびにそれ相当のお金がかかるという風に思っておいていいでしょう。

■地域住民との付き合いにおいてトラブルが起こる可能性がある
戸建はアパートやマンションと違い隣人トラブルが起こる可能性は低いのですが、ご近所付き合いが必要な地域になると、町内会などに参加しないことによるトラブルが起きたりします。町内会などがある場合には入居時に説明しておいたほうが良さそうです。

■戸建賃貸にもデメリットはある
戸建賃貸でもデメリットはいくつかあります。空室になった時の影響が大きくなったり、原状復帰のための費用が掛かったり、地域住民とのトラブルが起こる可能性があったりなどが考えられます。