賃貸経営において戸建賃貸を選択する人もいるかもしれませんが、比較的入居者の質が高いために、管理をするのは比較的容易であるという性質を持っています。戸建賃貸は相場よりも1割から2割程度高い家賃であっても入居者が集まってきて、そういう入居者は一般的に年収が高くてステータスが高い家族である傾向があります。

そのため、管理がしやすいわけです。

■戸建賃貸は管理の手間がほとんどかからない
戸建賃貸は高い家賃であってもしっかりと支払うことができるような家庭が入居します。そういう家庭であれば余裕で家賃が支払えますので家賃の滞納が起こるということは少ないでしょう。戸建住宅が集まっていますので、それぞれの入居者が本当の持ち家のように管理をしてくれます。

そのため、管理の手間がほとんどかからないです。

■入居期間が長い
アパートですと平均入居期間が2年以下というのがほとんどになります。頻繁に退去が出てくると空室リスクが高まりますし、リフォーム代や募集をするための経費がかかりますので、退去する恐れというのは常に付きまといます。その点で、戸建賃貸は入居期間がアパートに比べると長くなる傾向にあります。

戸建賃貸は家庭を持つ人たちが住んでいますので、そんなに引っ越しするということはありません。むしろ、子供の学校などの関係で長く住み続ける可能性が出てきます。長く住み続けることができれば、空室リスクを抑えることにもつながってきます。

■運営管理が比較的楽な傾向がある
賃貸経営で戸建賃貸を選ぶ際には、比較的人気がありますので入居者の質が自ずと高くなる傾向にあります。それも、長く住み続ける可能性が高いですので、空室リスクを抑えることも可能です。