戸建住宅というのはとても人気があります。しかし、戸建住宅を購入するほどの資金が無いという場合はどうするのかと言うと、仕方なく賃貸物件に住んだりします。賃貸物件と言えばアパートやマンションが一般的で、戸建賃貸の割合は1.4%程度しかないというのが現状です。

戸建住宅に住みたいのに戸建住宅に住めないという人はとても多くいます。それだけ戸建賃貸に注目が集まっているということが言えます。

■戸建賃貸の空きは少ない
賃貸物件の中でも戸建賃貸の割合は圧倒的に少ないです。しかし、戸建住宅に住んでみたいと考える割合はとても高いです。戸建住宅に対する需給ギャップが大きいからこそ、オーナーとして戸建賃貸をやってみたくなるものです。戸建賃貸とは言っても自宅用の戸建住宅を貸してあげているというもので、あらかじめ賃貸用として建てた物件はとても少ないです。

賃貸用のニーズを満たした戸建住宅を建設したら、すぐに満室になるのは間違いないです。

■家賃相場よりも高く設定することが可能
人気があって数が少ないものと言うのは、需要に対して供給量が圧倒的に少ないわけですから、どうしても価格が高くなりがちです。需給ギャップによって相場よりも強気に1割以上も家賃を高く設定することができるでしょう。駐車場を作ったのであれば、利用料を上乗せした形で家賃を設定できます。

高い家賃を支払えるような入居者はそれなりにステータスが上の人たちが多いですから、家賃滞納や隣人トラブルは少なくなるでしょう。

■空室リスクが少ないのはいいことだ
賃貸経営を行うに当たり空室リスクは避けたいところですが、戸建賃貸はニーズが高いですのですぐに建設すれば、すぐに入居者が埋まりますので、空室リスクを小さく抑えられます。