東京のセクキャバの求人内容はどうなっている?

男性にお酒が入ったグラスを渡す女性

風俗の仕事に興味はあるけれど過激なサービスをする自信がないという方も少なくないかと思います。
そのような方に向いているのがセクキャバです。

セクキャバのお仕事内容と特徴

セクキャバのお仕事はフロアでの接客です。お客様のお酒や話の相手になりつつ適度におさわりを楽しんでもらうというのが主な仕事内容で、おさわりができるキャバクラというイメージを持っておくとわかりやすいでしょう。以前はおっパブという名称が用いられていました。
おさわりといっても主に上半身がメインで、下半身は可能であってもお尻までという特徴があります。指入れや抜きのサービスなどもないため、性病への感染リスクがほぼないというのは安心できるポイントとなるでしょう。
セクキャバはあくまでおさわりがメインであるため、キャバクラのようにお酒の数や値段で給料が決まるということもないことからお酒が苦手でも問題ありません。

セクキャバをするうえでの注意点

セクキャバで働く上で注意したいのが、お店によるシステムの違いです。
セクキャバはおさわりができるキャバクラというのは共通認識ですが、おさわりといっても服の上から胸を触られるだけの場合と直に胸を触られる場合があるなどお店によってシステムが微妙に異なります。ダウンタイムというおさわり可能な時間を設けている店もあれば、終始おさわり可という場合もあるため、お店を選ぶ際にはどのようなシステムを導入しているのか事前に確認しておくことが必要です。

まとめ

セクキャバは過度なおさわりや露出がなくお酒に弱くても問題ないため、ナイトワーク初心者でも安心して働きやすいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする